1984年から採用された3Dの鳩マーク

ホログラムとはクレジットカードの表面の右端中央あたりに貼られているキラキラと輝く小さな3次元に見えるシールのことです。ホログラムはレーザー光線を利用した非常に特殊な印刷で、印刷技術としては大変に高度であるため、偽造防止として今や無くてはならないものとなっています。

ホログラムには通常のものの他、磁気ストライプ上に貼付けるタイプのものもありこれは「ホロマグ:ホロマグネットストライプ」と通常呼ばれています。また2005年からはクレジットカードの外観などに対する規定が一部変更され、ホログラムをクレジットカードの裏側に貼ることも可能となりました。
しかし、表面にホログラムを表示させることも未だに許可されており、カード会社によっては従来通りのカードもあります。いずれの方式を採用するかはカード発行会社によって決められます。
クレジットカードの偽造防止や多くの情報を盛り込むことが可能なものなのですが、1984年にVISAカードが導入したのをきっかけに現在のようにほぼすべてのカードに採用されました。今では当たり前ですが、始まりはVISAカードだったのです。
ちなみにゴールドカード向けには金色のホログラムシールも提供されています。

大部分のVISAカードは更なるセキュリティテストとしての紫外線の下でも鳩のマークが浮かび上がるように施されているのが特徴です。

ホロマグの欠点は、通常の磁気ストライプに比べ加盟店のPOSレジで読み取れないことです。
なお、ANA VISAカードやVISAデビットは当初ホロマグタイプのカードで発行されましたが、VISAからの加盟店教育が行き届かなかったため、後には普通の磁気ストライプと裏面のホログラムの組合せに切り替わっています。

  • クレジットカード現金化業者の口コミ情報も集めたサイトありますので、利用を検討している方はリンク先を参照してください。
  • キャッシング枠を使い切ってしまったカード会員が、一時しのぎのためショッピング枠を換金する事例が増えています。
  • カード現金化サービスは信用情報の照会等の与信の手間もなく、貸し倒れのリスクがないことから新規参入する業者も増加しています。